Archive for the ‘クリニック通信’ Category

クリニック通信(60) 「絶対お薦め!重粒子線がん治療」

金曜日, 8 月 31st, 2012

来春(H25年春)佐賀県鳥栖市に「九州国際重粒子線がん治療センター」が開院されます。今回はそのセンター長の先生の講演を拝聴してきました。

e9878de7b292e5ad90e7b79aまず、最初に、放射線治療の誤ったイメージを払拭する必要があります。がんの治療といえば「手術」が思い浮かびます。手術出来ない場合に、やむを得ず、抗がん剤や放射線治療を選択すると思いがちです。しかし、そうではないのです。早期のがんに放射線治療をおこなうと、再発率や余命は手術と同等の効果が得られるのです。

これまでの放射線治療で使われてきたX線やガンマ線は、体の表面で放射線量が最大となり、体内に進むにつれて減少します。そのために、体の深い所にあるがんにダメージを与えるためには、その手前の臓器により大きなダメージを与えてしまっていました。
一方、粒子線(陽子線や重粒子線)は一定の深さで放射線量をピークにすることが可能です(ブラックピーク)。そのために、ピンポイントでがんにダメージを与えることが出来るのです。
1回の照射で大きな効果が得られますので、その結果、治療の回数が少なく済みます。例えば、前立腺がんにX線治療をした場合、5回/週、8週間(合計40回)を要しますが、重粒子線では、4回/週、4週間(合計16回)で済みます。

勤務医だった頃、食道がんの患者さんにX線治療をおこなうと、胸の皮膚が黒ずみ、背骨に放射線が当たらないように斜めに照射しても、骨髄抑制(白血球減少)を来し、治療を中断せざるを得なくなることがありました。また、「放射線酔い」と言われる気分不良の訴えにも度々悩まされました。
重粒子線治療では、これらの副作用がほとんどありません。

もし、あなたやあなたの身近な方ががんになった場合、もう子供をつくる予定がないのであれば、重粒子線治療を選択肢の一つに考えてみてください。私は、「第1選択」に考えます。人間の体に不要な臓器はひとつもないのですから。

【参考までに】
粒子線がん治療は胃がん、大腸がんには使えません。治療によって胃や腸が破れてしまうからです。対象となるがんは、頭頚部、中枢神経、肺(非小細胞がん)、肝臓、前立腺、子宮、すい臓、骨軟部、食道、直腸(再発)などです。

粒子線がん治療は保険が効きません。約300万円の自己負担が必要となります。がん保険に「先進医療の特約」を付けることをお勧めします。

重粒子線と陽子線を比較すると、重粒子線の方が、より鋭いブラックピークを得ることが出来ますので、がん細胞を殺傷する能力は2~3倍大きいと考えられています。
(指宿市:陽子線、鳥栖市:重粒子線)

粒子線治療施設は現在、日本に10数か所ありますが、東京や大阪の大都市にはありません。九州でも鹿児島県(指宿市)と佐賀県(鳥栖市)の2か所で、九州で一番の都会である福岡市にはありません。どうしてなのでしょう? 人口密集地には作れない何か事情があるのでしょうか。

なぜ日本人はがんと言うと手術を連想してしまうのか。日本は世界的にも胃がんの多い国です。胃がんは手術が必要ですから、そのイメージが先行したためかもしれません。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。
よろしかったら応援よろしくお願いします。

クリニック通信(59) 「自己免疫性肝炎の講演」  

火曜日, 8 月 14th, 2012

先日、自己免疫性肝炎の講演を拝聴してきました。
肝炎といえば、「B型肝炎」や「C型肝炎」がイメージされると思いますが、肝炎の2%程度は「自己免疫性肝炎」です。

例えば、高脂血症の治療薬(スタチン)を飲んでいて肝障害が出ることがありますが、普通は「薬剤性肝障害」と判断されます。しかし、薬を止めても肝障害が続く場合は、スタチン誘発の自己免疫性肝炎の可能性があります。

非アルコール性脂肪性肝炎NASH(脂肪肝)で抗核抗体が陽性の場合は、自己免疫性肝炎が隠れている可能性があります。

原発性胆汁性肝硬変症(PBC)と自己免疫性肝炎はたびたびオーバーラップしますので、診断の際に注意が必要です。

自己免疫性肝炎の10%程度が再燃しますが、IgGに注意しておけば、早めに察知できます。

自己免疫性肝炎の5%に肝臓がんが発症します。「B型肝炎」や「C型肝炎」でなくとも、定期的なチェックは必要です。

当院にも数名の自己免疫性肝炎の方が通院して頂いています。今回の講演を機会に、もう一度、診療内容をチェックしてみます。

【余談】
演者の先生の医局は消化器病と膠原病を専門にしておられます。自己免疫性肝炎はまさにこの両方の分野にまたがる病気です。やっぱり、教授になる先生は目のつけ所が素晴らしいですね。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。
よろしかったら応援よろしくお願いします。

クリニック通信(58) 「浴衣」

木曜日, 7 月 12th, 2012

今日、朝起きたら、セミが鳴きだしていました。
もう、夏ですね。
中野胃腸クリニックでは、夏の間、水曜日と土曜日のみ受付が浴衣姿で患者様に対応いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。
左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。
よろしかったら応援よろしくお願いします。

クリニック通信(57)  開院3周年を迎えて

水曜日, 7 月 11th, 2012

3-1
img_7956

「石の上にも3年」と申しますが、何事も3年というのはひとつの区切りの期間と思います。早いもので、当院も今年7月で丸3年が経ちました。この間、沢山の方に当院をご利用頂き、本当に有難うございました。

生活習慣病で定期的に当院を受診して下さる皆さんには、日々、感謝の気持ちでいっぱいです。1年ぶりとか2年ぶりに、ひょっこり受診して下さる方にも感謝しています。体調を崩した時に、当院のことを思い出してくださったのだから、嬉しい限りです。

これまでの3年間の経験から、今後のクリニックの展望を次のように考えています。

① 胃カメラと大腸カメラがスムーズに受けることが出来る。検査が楽に短時間で終わる。大腸ポリープ切除を安全におこなう。
このことは、開院以来、私がクリニックの中心に据えて考えてきたことです。そう出来るように、スタッフの指導や内視鏡機器の充実を継続していきたいと思います。そして、何よりも私自身が技量を高め、知見を広げていく努力を続けていきます。

② 健康相談の窓口として幅広く対応する所存です。専門分野にとらわれることなく、ちょっと聞いてみたいことが気軽に話せるクリニックを目指します。

③ 待ち時間の短いクリニックを目指します。最近、曜日や時間帯によっては、ある程度待って頂くことがあります。ストレスなく待てる時間はせいぜい30分と考えています。そのために外来のシステムを工夫し改善していきます。

今後とも、ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。
よろしかったら応援よろしくお願いします。

クリニック通信(56) 「診療のスタイル」

火曜日, 6 月 19th, 2012

患者さんを診察室にご案内する時、私が待合室に顔を出して、お名前を呼ぶようにしています。その患者さんとアイコンタクトが取れれば、先に診察室に戻り、スタッフと一緒にお迎えしています。

診察を受ける時、特に初めての場合は、「どんな先生なのかな」という不安が大きいと思います。患者さんが待合室で私の姿を見てくださっていれば、診察室に入る際の無用な不安は減ると思い続けています。

再診の方には、出来るだけ、その方に向かってお名前を呼ぶようにしていますが、顔と名前を覚えるは案外難しいものです。間違えたらごめんなさい。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。
よろしかったら応援よろしくお願いします。

クリニック通信(55) 「産業医活動」

金曜日, 6 月 1st, 2012

今日は、産業医をしているスーパーマーケットに伺う日です。月に1回、1時間ほど、店長さんはじめスタッフの方10名ほどと安全衛生委員会を開き、その後、職場巡視をします。
今回は、夏本番を控え、「熱中症」についての講話を依頼されていました。

ちょうど良いタイミングで、日本医師会雑誌の特集が「熱中症」でした。その中に『職場における熱中症対策』という論文が、今回のテーマにぴったりで、大いに参考にさせてもらいました。嬉しいことに、この論文の著者は母校の卒業生で、今は母校の産業医学の教授になっておられる方でした。

スーパーマーケットの従業員の方は圧倒的に主婦が多いため、家族向けに、お子さんの熱中症対策と高齢者の熱中症の特徴についてもお話ししました。

講話の最後に熱中症の対処法を説明しました。
一番簡単でかつ効果的な方法は、「蒸散冷却法」です。体の表面にハンカチやペーパータオルの濡らしたものを貼り付けて、扇風機やうちわであおぎます。水が気化される時に体から熱を奪っていくために効率よく体温を冷やすことが出来ます。

案外、効果が少ないのが、首やワキ、ソケイ部を氷水で冷やす方法です。

皆さんも、もしもの時は実践してみてくださいね。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。
よろしかったら応援よろしくお願いします。

受付事務員さん募集中!

木曜日, 5 月 24th, 2012

フルタイム勤務の正職員を募集しています。

月曜日~土曜日勤務 8:30~18:00(水・土は1:00まで)
社会保険・健康保険・雇用保険あり
通勤手当あり(駐車場あり)
月給130,000~(昇給・ボーナスあり)

お仕事の内容
・ 外来窓口の受付業務
・ レジ業務(入金管理)
・ レセプト業務
・ 院内の清掃業務
・ 電話対応
※ 医療事務に関する知識のある方
※ 30歳以下の方

面接をご希望の方はクリニックまでお電話下さい(230-0230)

クリニック通信(54) 「処方せんの変更」

月曜日, 3 月 26th, 2012

今回の改訂で処方箋の書き方が変わりました。
これまでは、処方箋に薬の商品名を書いていたのですが、これからは、一般名を書けば、どこの製薬会社のものにするかは薬剤師さんが決めることになりました。このように変更された大きな理由は、薬局が同じ効能の薬でも沢山の違った製薬会社の薬を取り揃えておかなければならないため、在庫が大変だったそうです。それが、ジェネリック(後発品)への移行が進まなかった一因になっていたようです。
 私にとっては、まったく意味のない商品名を覚える必要がなくなり、大変喜んでいます。一般名だけ記入しておけば、後は、薬剤師さんが一番薬価の安いジェネリック医薬品を選んでくれることでしょう。
 医療制度はドンドン良い方向に向かっていますね。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。
よろしかったら応援よろしくお願いします。

クリニック通信(53) 「土曜日の診療風景」

土曜日, 3 月 24th, 2012

土曜日は仕事が休みの方が多い影響でしょうか、当院では1週間の診療で土曜日が最も混み合っています。しかし、中には、たまたま土曜日に来られた方もおられます。

① 30代の女性。
金曜日の夜からチクチクと胃が痛み始め、翌土曜日の朝も痛みが続いていました。それ程強い痛みではないけど、「念のために」と判断され来院されました。お腹の診察をすると、胃の辺りには圧痛がないのですが、盲腸の辺りに圧痛を認めました。虫垂炎は発症初期には胃が痛いと訴える方が多いので、白血球を測ってみますと、13,500と増加していました。直ぐに、総合病院の外科の先生に虫垂炎の手術をお願いしました。虫垂が背中の方に回っていたために、強い腹痛が起こらなかったとのことでした。

② 70代の男性。
土曜日の朝、少量の下血があったため来院されました。以前、大腸のポリープ切除を受けて頂いている方です。「ポリープ取ったのは半年前だし。腹痛がないから虚血性腸炎でもないようだし。何で下血したのかなあ。」と思いをめぐらせていました。その時、すでに診療終了時刻を過ぎているにもかかわらず外来患者さんが数名待っておられ、大腸カメラの患者さんも2人待機されていました。一瞬、躊躇したのですが、明日は日曜日です。今、判断が遅れれば、取り返しがつかないことになりかねません。午後遅い時間に大腸カメラを受けて頂いたところ、予想以上の激しい出血を認めたため、総合病院に入院して頂きました。

発病したのがタマタマ土曜日だった患者さんは、外来が混み合っていても注意深く診察しなければいけません。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。
よろしかったら応援よろしくお願いします。

クリニック通信(52) 「大腸カメラ挿入のコツ」

火曜日, 3 月 13th, 2012

先日、医師会主催の勉強会に参加してきました。大腸カメラが上達するコツについての講演でした。
いくつかポイントがあったのですが、一番印象に残っているのが、「カメラで見える2時方向に管腔の先を持ってくると良い」というくだりでした。私も何となくそうしていたからです。「何だ、いつもの方法で良いのだ。」とちょっと嬉しくなりました。違っていたのは、管腔の先を2時方向へ持っていく方法でした。私はカメラ自体を左右に回すことで2時方向にもっていたのですが、講師の先生は、6時方向をちょんちょんと叩くことで2時方向に持っていけると解説されていました。早速、実践してみたのですが、なかなか思うようにいきません。気が付いたら、慣れ親しんだ自分のパターンに戻っていました。

 確固たる自分の技術も必要ですし、新しい技術を取り入れることも必要です。そのバランス感覚が難しいですね。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。
よろしかったら応援よろしくお願いします。


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.