新型コロナウイルスについて(特異度99%)R2/6/1

日本全国に先駆けて『第2波』の真っ只中にある北九州市です。コロナウイルスとの戦いは、益々厳しいものとなってきました。
北九州市の風景です。
過去2回(3月と5月)、PCR検査についてブログをアップしてきましたが、いずれも、感度(陽性の人に正しく陽性と出る確率)70%、特異度(陰性の人に正しく陰性と出る確率)70%と仮定して説明してきました。最近、神奈川県医師会のHPで、特異度は99%と考えてよいと記載されていました。そこで、もう一度、計算し直してみました。

北九州市(100万人)では現在100人程度の陽性者がいますので、実際は、その100倍の1万人のコロナウイルス感染症の方がいると仮定してみます。市民全員にPCR検査をおこなった場合を想定しましょう。
コロナウイルス感染(+)の1万人を検査すると、7,000人が陽性に、3,000人が陰性に出ます。
コロナウイルス感染(-)の99万人のうち980,100人は正しく陰性とでますが、9,900人が間違って陽性(偽陽性)と判断されてしまいます。
その結果、コロナウイルスPCR検査の精度(PCR陽性の中の真のコロナウイルス感染患者さんの比率)は7,000/(7,000+9,900)=40%になります。

9,900人の偽陽性の方は、症状がありませんから、北九州市が用意したホテルに2週間滞在するか、自宅待機することになります。まったく無駄な対応です。

一方、コロナウイルスを持っているにもかかわらず、間違って陰性と判定された3,000人は、本人に悪気が無くても、感染源となってしまいます。

「99%正確な検査」と聞くと、ほぼ間違いのない検査方法と思いがちですが、その使い方を間違えると、とんでもないことになってしまうのです。

【私の意見】
★いまだに、「国民全員にPCR検査を」と主張しているコメンテーターは、日本を混乱に陥れようと考えているとしか思えません。
★マイナンバーカードの普及が進んでいないことで給付金が手元に届くのに時間がかかっているようですが、コメンテーターがカメラに向かって「皆さん、カードの扱いに慣れていませんよね。」って発言していました。開いた口が塞がりませんでした。マイナンバーカードと銀行口座を紐づけし、給付金がオンラインで直ぐに届くようにする。それが嫌な人の給付金は後回しで良いじゃないですか。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.