よもやま話(37) 「イチローの2244本」②

先日、「全部見せます!イチロー2,244本」というタイトルで、マリナーズのイチローがメジャーリーグ10年間で打ったヒット2,244本を約7時間ですべて放送するという番組(NHK BS1)がありました。この番組、ところどころにイチローのファインプレーや盗塁のシーンも挿入されています。

集英社のHPよりピッチャーの足元をゴロで抜けるセンター前ヒットを繰り返し見ていると、右投手の時はショート側に、左投手の時はセカンド側にボールが抜けていく確率が高いです。アメリカの投手は投げた後、右投手なら一塁ベース側に大きく体が動きます。この逆方向を狙ってイチロー選手は打っているように見えます。
 以前、何かで読んだことがあるのですが、内野と外野の間にポテンヒットを打つときは、打った瞬間にちょっと力を抜いているそうです。そうして野手の間にボールが落ちるように計算しているわけですね。イチロー選手のヒットは偶然ではないのです。

人気ブログランキングへ 当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のキャンドルをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。よろしかったら応援よろしくお願いします。

2 Responses to “よもやま話(37) 「イチローの2244本」②”

  1. ごう Says:

    ほう。2244本なのですね。縁がありますね~。私の誕生日は2月24日で住所は2-4-24です。こちらは偶然ですが。

  2. oshige Says:

    2月24日覚えやすい誕生日ですね。
    いつも、コメントありがとうございます。最近、ブログのネタ不足なのですが、来春からは新シリーズを企画しています。現在、準備中(勉強中)です。
    ちなみに私の誕生日はセブンイレブン(7.11.)で、家内は(11.1.)とこれまた覚えやすいです。(何も強要していませんから)

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.