漢方薬を使いこなそう(2) ウイルス感染こそ漢方薬!

肺炎、膀胱炎、食当たり(細菌性腸炎)などは、抗生物質を飲まなければ治りません。しかし、インフルエンザ(タミフルは確かに効きます)や嘔吐下痢症はウイルス感染ですから抗生物質は効きません。西洋薬で治そうとすると、解熱剤、咳止め、痰がキレる薬、喉の痛みをとる薬、下痢止め、などなど何種類もの薬が必要です。
 しかし、漢方薬をつかえば、1種類で済みます。

ま応答インフルエンザのような高熱を伴うかぜ症候群には「麻黄湯(まおうとう」が良く効きます。実際、タミフルと同等に近い効果が得られることが報告されています。
 

 

 

五ウイルス性の嘔吐下痢症では「五苓散(ごれいさん)」が良く効きます。特に体内の水分調節をすることで脱水症状を緩和させてくれます。漢方薬ですから理論的な薬理作用はありません。兎に角、良く効きます。

ウイルス感染こそ漢方薬なのです。

 

人気ブログランキングへあけましておめでとうございます。当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のうさぎをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。よろしかったら応援よろしくお願いします。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.