クリニック通信(24) 「糖尿病新薬 『DPP-4阻害薬』」

先日、糖尿病の新しい治療薬「DPP-4阻害薬」の講演を拝聴してきました。新薬といっても発売されて既に1年が経過していますので、「どの程度、有効なのか?」「注意することは?」などの非常に興味深いお話でした。

食事をすると、インスリン(血糖を下げるホルモン)分泌を促進する作用を持つホルモン「インクレチン」が小腸から血液中に分泌されます。しかし、インクレチンはDPP-4(酵素)によって速やかに分解されてしまいます。そこで、「DPP-4阻害薬」を飲んでおけば、インクレチンは分解されずに長く血液中に残ります。その結果、インスリン分泌が促進され、血糖値がさがるわけです。

演者の先生は、「この薬は良く効く!」と率直に感じておられました。
2,3点注意することは、
① α-GI(ベイスン、など)との併用が良い。
② SU剤(アマリール、など)に追加する場合、SU剤を減量しておかないと、低血糖になり易い。
③ インスリン治療(注射)に追加すると、インスリンの必要量が大幅に減る。

今後は、「DPP-4阻害薬」が糖尿病の治療の中心になっていく可能性が大きそうです。

人気ブログランキングへ  当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。よろしかったら応援よろしくお願いします。

2 Responses to “クリニック通信(24) 「糖尿病新薬 『DPP-4阻害薬』」”

  1. Kazu Says:

    1月下旬、しばらくブログの更新がなかったので心配していました。
    インフルエンザの新しい薬は患者が申し出れば処方してもらえるのですか?

  2. oshige Says:

    はい、処方致します。
    特に制限はありません。
    ブログ、応援ありがとうございます。励みになります。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.