インフルエンザ 検査について

インフルエンザが流行っています。

従来、インフルエンザの検査といえば鼻の穴の奥のほうに綿棒を入れて鼻汁を採取しインフルエンザウイルス抗原を検出していました。「ツーん」とする結構つらい検査です。
 当院で採用している検査方法は、専用の鼻かみ用紙を用いて、ご自身で鼻をかんでもらい、鼻汁で検査しますので苦痛がありません。
なお、鼻汁が少ない場合は、従来どおり、綿棒を鼻の奥に入れて検体を採取しますので、ご了承ください。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.