クリニック通信(26) 『平成22年の診療報告』

昨年(平成22年)1年間に多くの方に当クリニックを受診して頂きました。

本当にありがとうございました。

診療内容を見えやすくするための方法のひとつとして当院の診療の主なものを報告しようと思います。

1)内視鏡検査
 
 胃カメラを受けられた方  782
 大腸カメラを受けられた方 532
 
 胃がんが見つかった方が11名います。
 胃のアニサキス虫体を除去した方が4名います。
 大腸がんが見つかった方が10名います。
 大腸ポリープの切除を受けた方が83名います。

2)ヘリコバクターピロリ菌

 ヘリコバクターピロリ菌に感染している場合、まず1次除菌をおこないます。
 1次除菌で菌が消えなかった場合は2次除菌をおこなうことが出来ます。
 当院で除菌療法を受けた方のうち、
  a. 1次除菌で菌が消えた方が66名います。
  b. 2次除菌で菌が消えた方が21名います。
 
 合計87名の方がヘリコバクターピロリ菌の除菌に成功しました。

3)慢性炎症性腸疾患 
 
 潰瘍性大腸炎の方が31名います。
 クローン病の方が8名います。

4)細菌性腸炎 
 
 便の培養検査で細菌が検出された方が57名います。
 一番多かったのは病原性大腸菌(48名)で、次に多かったのがキャンピロバクター(8名)でした。

5)インターフェロン治療

 肝炎に対するインターフェロン治療を受けた方が4名います。
 C型肝炎の方が3名、B型肝炎の方が1名です。

6)禁煙外来

 禁煙外来を受けた方が94名います。

7)糖尿病

 インスリン治療を受けた方が3名います。

8)甲状腺の病気

 甲状腺機能亢進症(バセドウ氏病)の方が3名います。
 甲状腺機能低下症(橋本病)の方が9名います。

 

人気ブログランキングへ 当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。よろしかったら応援よろしくお願いします。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.