よもやま話(62) 海外旅行(その10) 「セントラルパーク(ニューヨーク)」

centlal-parkセントラルパークはニューヨーク(アメリカ)マンハッタンの中央に位置する東西に0.8km、南北に4kmもある長方形の公園です。

公園内はとても手入れが行き届いており、きれいに刈り込んだ芝生の広場の中を遊歩道やサイクリングロードなどが気持ちの良い弧を描いています。公園には小高い丘や、ボートに乗れるような大きな池もあります。なんと、この公園、人工の公園なのです。丘も池も全部造設されたものなのです。今から100年以上も前にこんな立派な公園を設計するなんて素晴らしいですね。公園内を横切る道路がありますが、半地下に道路を作り、車が視界に入らないように工夫されています。

公園と市街地の境目がとても素敵です。「ここから公園です。」みたいな柵や金網は一切ありません。なんとなく、樹木が多くなってきて、車道がサイクリングロードや歩道になり、気が付いたら、広大な公園の風景が目に飛び込んでくるといった感じです(伝わったでしょうか?)。

あたり一面が芝の中にポツンと1本の桜の木があったりして、結構シュールに作ってあります。公園内には喫茶店もあります。大抵、犬を連れた人々がコーヒーを飲んでゆったりと過ごしています。そうそう、「セントラルパークで犬と散歩する」というのが、ニューヨーカーのステータスシンボルだそうです。家賃の高いマンハッタンで、犬が飼えるような広いアパートに住んでいる人の特権ですからね。

imagine 公園の隣にはジョンレノンの住んでいた「ダコタアパート」があります。公園内に「イマジンの碑」があり、いつも沢山の花がたむけてあります。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。
よろしかったら応援よろしくお願いします。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.