ヘリコバクターピロリシリーズ(10)  新薬「タケキャブ」

電子顕微鏡で見たピロリ菌!除菌治療は1種類のタプロトンポンプインヒビター(PPI)と2種類の抗生物質を1日2回、1週間内服します。

従来のPPIよりもさらに強力な酸分泌抑制機能を持った薬「タケキャブ」が新発売されました。速効性、確実性、胃酸分泌抑制のいずれの点において、これまでのPPIよりも優れています。このタケキャブは、ヘリコバクターピロリ菌の除菌治療にも保険収載されました。タケキャブを用いた1次除菌の成功率は90%以上であり、従来の75%を大幅に上回ります。
当院では、1次除菌、2次除菌ともにタケキャブを採用しています。その結果、より成功率の高い除菌治療が提供できると思います。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。よろしかったら応援よろしくお願いします。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.