ブログで診察(17)   便潜血

いつものブログ先生です。体のチョッとした不調や気になる症状、一度、医師に聞いてみたかったことなどを日々の診療からピックアップしてブログで紹介しています。

【質問】大腸がん検診の「便潜血」検査はなぜ2回おこなうのですか? また、1回だけ陽性でも、検査を受けなければいけないですか?
(60代 女性)

【答え】2回行うのには、意味があります。
大腸がんが存在しいて便潜血反応が陽性に出るのは60%程度です。大腸がんがあっても陰性に出る確率が40%あるわけです。そうすると、2回連続陰性になる確率は16%(0.4 x 0.4=0.16)なります。言い換えれば、大腸がんがある場合は、2回のうち、1回もしくは2回陽性になる確率は84%になるわけで、2回検査をおこなえば、検査の正確性がかなり高くなるわけです。2回の検査のうち、1回でも陽性に出れば、大腸内視鏡検査を受けることをお勧めします。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.