腹部レントゲン写真で胃拡張が見えました(その2)。

息をとめて~。カシャッ!

以前、腹部レントゲン写真から胃拡張を診断したエピソードを紹介しました。今回も、また、同じ経験をしました。

70代の男性の方で、食事が摂れないから点滴を希望されて来院されました。腹部レントゲン写真を撮ってみると、腸のガスがお腹の真中から下に向かって凸状に弧を描くように圧排されていたのです。通常の腹部レントゲン写真では、胃は穹窿部のガス像が写る程度でほとんど存在感がありません。しかし、この写真は、「胃が張っている」という状況を感じました。

救急病院で腹部CT検査を受けて頂いたところ、胃の出口にがんが出来ていて、食物が胃から十二指腸へ進みにくくなっていたのです。そのために、胃がパンパンに張っていたのでした。
前回の経験が2回目だったので、今回が3回目です。1回目と2回目の間は10年以上開いていたのに、2回目と3回目の間は数か月です。そこも不思議でした。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.