大腸カメラとAI(人工知能)

人工知能のイメージですけど・・・。先日、大腸カメラとAI(人工知能)の講演を拝聴してきました。

① 大腸ポリープ
いま日本では大腸カメラにおけるAIの導入が研究されています。大腸カメラをおこなうと、AIが自動的にポリープを認識して検査医に知らせてくれます。そして、カメラをポリープに接近させると、切除すべきポリープかそうでないかを瞬時に判断してくれます。切除すべきポリープとは腺腫です。腺腫は成長していく過程でがんに変わっていきます。切除しなくても良いポリープはがん化しない「過形成性ポリープ」です。今はここまで進んでいるようです。この2つの作業(ポリープを見つける、ポリープの性質を診断する)は今までは医師がおこなってきており、「知識・経験」が必要でした。AIが更に進歩すれば、医師は何も考えなくても、カメラを進めていけば、確実な診断が出来るようになります。

② 大腸smがん
粘膜下層(sm)深くに(粘膜筋板から1mm以深)浸潤した大腸がんは早期癌ですが、10%程度の割合でリンパ節転移があるため、例えポリペクトミーしていても外科手術を追加するのが一般的です。しかし、そもそも10%程度しかリンパ節転移は無いわけですから、手術を受けた方の90%の方はリンパ節転移が無く、結果的には「手術はしなくても良かった」ということになります。患者さんには「転移が無くて良かったですね。」と説明していますが、何か腑(ふ)に落ちないものを感じていました。
現在、この問題を解決すべくAIがsmがんを手術する必要があるのか(リンパ節転移がある)無い(リンパ節転移が無い)のかを判断してくれるように研究中です。近い将来、臨床の場面で使えるようになるようです。

AIに知恵をつけさせるためには、膨大な量の情報を入力しなければなりません。それは、とても地味で時間を要する作業です。また、AIに自己学習の能力を身につけさせてはいけません。当初の判断基準が間違った方向に変わってしまう可能性があるからです。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.