よもやま話(65)  閃(ひらめ)きました!

よもやま話(65)  閃(ひらめ)きました!

 月初めはレセプトの時期です。レセプトとは、病院で診察を受けた際、患者の自己負担分以外の料金、すなわち医療保険負担分の料金を、保険者に請求するための書類です。レセプトには、「症状詳記」といって、検査や治療の内容を審査機関に正しく理解して頂けるように説明文をつけることがあります。
 例えば、食あたりで来院された時、どんな菌が症状を起こしているのか、便の培養検査をおこなうことがあります。もし、菌が検出されれば、その菌に対してどの抗生物質が効くのかを調べます。経過が良い場合、受診は1回で終わりますので、この一連の検査を1日の診療として請求するとつじつまが合わなくなります。そこで、その説明文をレセプトに添付するわけです。(なお、細菌が検出された場合には、その旨を手紙に書いてお知らせしています。)
 菌の違いこそあれ、経緯は毎回だいたい同じですので、説明文も毎回ほぼ同じです。「コピペ」出来たらなあ、と感じていたのですが、私の使っている電子カルテは、患者間での「コピペ」は出来ません。(当然です。)
 しかし、今朝、閃きました。「ワード」には単語登録という機能がありますが、短い文章も慣用句として登録できます。長い文章も、その1、その2、その3、と分けて登録すれば良い訳です。電子カルテを使って3年目でようやくたどり着きました。

というか、「ワード」を20年以上使って、やっと気が付いたと申しますか。トホホ。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。
よろしかったら応援よろしくお願いします。