開業13周年を迎えました。

「はや13年」という感想です。

安倍元首相のご冥福を心よりお祈りいたします。

2年前の1月に本邦で新型コロナウイルス感染症の患者さんが報告されて、2年半が経ちました。皆様、如何お過ごしでしょうか。
今日、当院は開院13周年を迎えることが出来ました。沢山の方に当院をご利用頂いたからこそクリニックを続けることが出来ました。心よりお礼申し上げます。
最も心がけていることは、正しい判断・診断をおこなうことです。たびたび判断に迷うのは、もうしばらく様子を見るのか、総合病院に紹介するのかという事態になった時です。コロナ禍の現在、どこの医療機関も発熱があると通常の診療が出来なくなるので、発熱する前に紹介するように心がけています。次に心がけていることは「いつでも、誰でも同じ」ということです。そのことが、当院を利用してくださる皆様の満足感につながり、失望や不満を最小限にとどめることが出来ると思うからです。「安全」にも気を付けるようにしています。ヒアリハット事例が起こった際には、すみやかにミーティングを開いて、スタッフ間での問題意識の共有を図っています。時間的にも、医療事故の起きやすい、診療開始直後と終了間際には特に目配せを怠らないように気を付けています。
これからも、1日1日を、お一人お一人に対して全力で診療に向き合う所存です。今後とも中野胃腸クリニックをどうぞよろしくお願いいたします。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.