家具搬入

今日は、朝から掃除機をかけ、家具達がやってくるのを待ちました。

U-House/ing今回、建築士のkaseさんからご紹介された、U-house/ingさんは、無垢の家具のお店です。初めてお店に伺った時、テンションがあがりました。深呼吸したくなるような木の香りに包まれた家具屋さん。社長は、お店の雰囲気がそのままのお人柄とお顔立ち。「ここしかないでしょう!いいものはいい!」と院長と意見が一致しました。患者さんの座る椅子には「居心地のよいもの」を追求し、長く使えば使う程「あじのでる」家具にしたかったのです。

まずは、待合室から。。。ソファーは思い切って、元気の出る「赤」にしました。患者さんが少しでも元気になりますように。願いを込めて。。。

待合室

薪ストーブの活躍は今年の冬から。。。患者さんの心も暖めることができたら嬉しいです。

薪ストーブの活躍は今年の冬から。。。患者さんの心も暖めることができたら。

miezoさんのネーミングは「しんちゃんの椅子」雰囲気がクレヨンしんちゃんだから(笑)ちょこんとかわいい中待合室になりました。

黄色は第1診察室 緑は第2診察室

img_5082

ちょっと一休み。ここから眺めるお庭の完成が、これからの楽しみの一つ!U-House/ingさんで一番に決まったリクライニングの椅子とオットマンです。

リクライニング クッションは羽毛です。

「powder room 」胃カメラや大腸カメラの検査を受けた後、ゆっくりとお化粧直しをしていただけるよう、心を込めました。この雰囲気はmiezoさんの力作です!

椅子はGouさんセレクト! アクセントにお人形を。。。

個室は2タイプあります。緑のソファータイプと「おばあちゃんの椅子」というネーミングの一人掛け椅子タイプです。個室にはトイレがあり、DVDも見ることのできるテレビもあります。大腸カメラで検査を受ける患者さんが、下剤を飲みながら検査の準備を整えるお部屋になりますが、少しでも軽減されるよう、気持ちを込めた個室です。

ソファータイプ 一人掛け椅子

診察室1患者さんと院長が向かい合うことになる診察室。

患者さんの椅子も無垢の椅子にこだわりました。くるくると回転するのに安定性があり、木の優しい感触が心地よいです。

ふと目線を移すと中庭が。。。庭園空間さんの力作が、患者さんの気持ちを緊張から解き放ち、ほっとする瞬間を導いてくれることと思います。。。

家具がクリニックに仲間入り。また、一歩開業に近づきました。

2 Responses to “家具搬入”

  1. あんちゃん Says:

    家具が入ってすごく良くなりましたね。
    病院というよりもホテルに近い感じすらします。
    ひとつひとつ良く吟味された成果ですね。
    おつかれさまでした。
    家内の調子が良ければ、7月4日の内覧会に二人で出かけようと思っています。
    昨日、新幹線の切符も買ってきました。
    病院を見学すればすぐ帰るつもりです。
    迷惑になるかもしれませんが、よろしくお願いします。

  2. oshige Says:

    ありがとうございます。そう言って頂けると、いろいろ、吟味した甲斐があります。実は、これらの家具は同じ家具屋さんで買いました。最初にお店を訪れたのは1年前で、まだ、クリニックの計画の初期の段階でした。ここで、ある程度、家具のイメージを決め、それに合わせて、床やかべを決めていきました。これらの作業、ほとんど家内がやってくれました。たいしたもんです。ただ、経済性(安さ)を優先する僕といつも意見が対立しました(結局、すべて、妥協を許さない家内の意見が通りましたが)。建築関係のものって、本当に値段がピンキリですね。クリニックを単に「事務所」と割り切れば、もっと機能的に出来上がったと思います。「20年使うものだから」と思えば、いいものを選んでしまいますね。その分、経営が厳しくなるのですが。  小倉駅に着いた時点で、奥さんの体調が良ければ、折尾まで電車(快速)できて、そこから、タクシーに乗って下さい。「中野胃腸クリニック」で分からなければ、「Fコープ生協」の近くにできたクリニックと言えば、運転手さんも分かると思います。  小倉駅からタクシーで来る場合は、「産業医大の近く」「Fコープ生協」「医生ヶ丘橋」などの単語で分かると思います。料金は4千円ぐらいと思います。気をつけて、来て下さい。
    住所:八幡西区大浦1-1-35 電話:093-230-0230 

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.