平成24年診療報告から(3) 胆石 経口溶解療法

イテテッ平成24年の1年間に当院に25名の胆石の方がいらっしゃいました。
そのうち、名の方が、胆石溶解剤の内服で胆石が消えています

胆石の経口溶解療法を試みるには以下の3つの条件が必要です。
① 石のおおきさが1cm以下(3個以下がベストです。)
コレステロール胆石である(石灰化があると適応外です。)
③ 胆嚢に収縮機能がある

コレステロール胆石は、胆汁中に排泄されたコレステロールが析出して出来たものです。胆石による症状がなく、3つの条件を満たせば、一度は内服治療を試みても良いかもしれません。胆石が消える確率は、1~2年間の内服で30%程度です。
2名の方は、治療を始めて、6か月と1年半で胆石が無くなったことを確認しています。
該当する方には、経口溶解療法を「受ける」 「受けない」は別として、案内だけはしています。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.