内視鏡の抵抗感をなくすために中野胃腸クリニックができること

胃・大腸の内部を直接観察することで小さな病変でも発見できる「内視鏡検査」ですが、 特にお尻から検査しなければならない「大腸内視鏡検査」は多くの方に抵抗があるようです。 中野胃腸クリニックでは検査に対する恐怖心や羞恥心を軽減するために様々な工夫をしています。
内視鏡検査を受けるまでの流れはこちら→「内視鏡検査を受けるまで」


下剤を飲むためのトイレ付個室をご用意いたしました

検査当日、午前中に約2リットルの下剤を飲んでいただきますが、当然、飲んでるそばから便意をもよおしてきます。
検査を受けるまでに合計5,6回はトイレに行かなければなりません。
その都度、他の方の視線が気になったり、他の人が使ったばかりのトイレは使いたくない、といった方もおられます。


そこで、当院では、下剤を飲むためのトイレ付個室を用意しました。
時々、看護師が様子を伺いに来る以外は誰とも会わないですみます。しかも、付添いの方が一緒に過ごせる十分なスペースを確保しました。
個室は防音シートで覆われています。それでも気になる方は、「音姫」を設置していますのでご利用ください。

熟練の看護師・内視鏡検査技師

大腸内視鏡検査に10年以上携わった熟練したスタッフが、安全に検査が進むようにお手伝いします。
当院では、院長以外、全員女性のスタッフですので、女性の方は特に気兼ねなく検査を受けれると思います。

胃・大腸の内部を直接観察することで小さな病変でも発見できる「内視鏡検査」ですが、 特にお尻から検査しなければならない「大腸内視鏡検査」は多くの方に抵抗があるようです。 中野胃腸クリニックでは検査に対する恐怖心や羞恥心を軽減するために様々な工夫をしています。

プライバシーが守られた検査室

検査室は完全な個室です。カーテン一枚隔てて隣に別の方が検査を受けているといったことはありません。
検査を受けている方がスタッフ以外の目に触れることはありません。

安全で正確で、かつ痛みの少ない検査

内視鏡検査を受けて頂く上で、まず、安全であることが大前提でしょう。 実は、内視鏡検査時の偶発的事故は減ったとはいえ、現在もまれに起こっています。 しかし、その多くが、医師の経験不足によるものだと言われています。

内視鏡検査は「カメラで見て、診断する」わけですから、経験が非常にものを言う検査です。 見たことがないものは異常とすら認識しない可能性だってあります。 大学病院では、修練中の医師が検査している時は、 腸が映し出されているモニターの前に何人かの指導医が二重三重にチェックしているものです。 私は、24年間の臨床経験を通して、本当に数多くの内視鏡検査を経験してきました。 これらの知識と経験は私の医師としての最も大事な財産だと思っています。

内視鏡検査に対する不安や恐怖のために受診が遅れ、 病気が進行してしまうことほど不幸なことはありません。 それは、内視鏡検査に伴う苦痛(痛み)が大きな要因と言えるでしょう。 私はこれまで検査時の苦痛を出来るだけ少なくするために工夫してきました。 その結果、バイタルサイン(血圧、脈拍、酸素濃度、など)をモニターしながら、 安全な鎮静剤を必要最低量用いること。さらに、痛みを感じさせない内視鏡テクニックによって、 検査に伴う苦痛を極力少なく出来るようになりました。



検査終了後の安静

検査が終わってしばらくはそのままベットで休みたいものです。 鎮静剤を使っている場合は、検査が終わったことも分からず眠ってしまっていることも良くあります。 当院では、検査終了後、ベットごとリカバリー室で休息を取ってもらいます。 広々とした、気持ちの良い空間を用意しました。数十分程仮眠し、日頃の疲れも一緒に取ってください。

パウダールームでの身支度

検査が終わり、身も心もすっきりした後は、パウダールームで身支度をしてください。 決して豪華ではありませんが、気持ちの良い部屋を用意しています。 女性の方はここでお化粧直しができます。

ビューワーによる医師の説明

「百聞は一見にしかず」。
終わったばかりの内視鏡検査の結果を大きなモニターで医師と一緒に見てもらいます。 すべてお見せ致しますので、なんでもお聞きください。 もし、外科手術などの必要性がある病気が見つかった場合は、ご希望の病院を紹介致します。 また、その病気を治すのに最良の方法をご提案致します。 なお、ご希望の方には内視鏡写真をCDに焼き付けてお渡しします。(1枚1,050円)。
遠慮なくお申し出ください。

ハイバックチェア

検査も終わり、医師の説明も聞き、会計を済ませて帰るだけです。 が、家族の迎えまで少し待ち時間があるとか、まだ少し気分がすぐれない時のために、待合室とは別に休憩できる場所をご用意致しました。

ハイバックチェアにゆっくりと座り、外の景色をぼんやり眺めながら、お茶を飲んだりして過ごせば、ゆっくりとした気分で、体調ももどられることでしょう。


最大限の洗浄・消毒

内視鏡機器を介しての感染、特にピロリ菌の感染が問題となって以来、 本邦では内視鏡機器の洗浄・消毒のガイドラインが作成されるようになりました。 当院では、ガイドラインにのっとり、十二分な洗浄・消毒をおこなっています。 さらに、環境、スタッフへの健康管理にも注意を払っています。

? 洗浄
洗浄は、全過程の中で最も重要な部分です。洗浄を十分におこなうだけで、大部分の感染は予防できます。
当院では、検査が終わったばかりの内視鏡を、まず洗浄液に浸したガーゼできれいに拭き取ります。
そして、洗浄液を30秒間吸引し、鉗子孔内を洗います。 当院では、シンクを「清潔」「不潔」の2つに分けています。
すでに消毒液に漬けた物品は「清潔」用シンクで水洗いし、そうでないものは「不潔」用シンクで水洗いしています。

? 消毒
内視鏡洗浄装置はオリンパス社製の「OER-4」を使用しています。
この洗浄器の特徴は、高水準の消毒力を有する「過酢酸」を用いて消毒することです。
これによって、芽胞以外の病原体は完全に殺滅することが出来ます。
唯一の欠点はその臭気です。
「酢酸」は「お酢」のことですから、どうしても臭いが残りますが、それ程、気にはなりません。


内視鏡機器の洗浄・消毒は、ガイドラインはあるものの、強制するものではありません。
また、せっかく、高性能の洗浄機器を採用していても、消毒液の交換時期など規格通りに使用しなければ、本来の能力は発揮出来ません。
当院では、目に見えないところも手を抜かず、しっかり責任を果たしています。


浄水器

当院では、下剤を作るお水にもこだわりました。
水道水ではなく、浄水器を通したお水で下剤を 調合いたしております。ご安心ください。