糖尿病 シリーズ(14) ペットボトル症候群

ペットボトルに入った清涼飲料水(コカコーラなど)をお茶代わりに毎日飲んでいると、血糖値が急激に上昇し、最悪の場合、意識障害と脱水症を来たすことがあります。血液中にケトン体という物質が大量に発生したために起こります。若い人で、肥満気味の方に起こりやすい病態で、「ペットボトル症候群」と名付けられています。
 清涼飲料水は飲まないで、水かお茶にしましょう。

最近は「カロリーゼロ」のコーラも出ていますが、人工甘味料を使用しています。
この人工甘味料は、味は甘いけれども独特な後味があります。安全性については使用が認可される前から多くの研究や議論があり、1983年に日本とアメリカでも使用が認可されましたが、今でも意見が分かれています。3人に1人が肥満というアメリカでは、肥満や糖尿病の方がより大きな国民的問題なのでしょうね。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のコスモスをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。よろしかったら応援よろしくお願いします。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.