「腹痛(その6) アニサキス」

秋刀魚やイカを刺身で食べる時はちょっと注意が必要です。アニサキスという寄生虫がいるかもしれないからです。
アニサキスが付いた刺身を食すると、その数時間後から激しい胃痛を来たします。胃カメラをすると、胃の壁に虫体が食い込んでおり、その辺りは真っ赤に腫れあがっています。アニサキスを見つけたら、生検鉗子で刺入部付近をそっとつかみ、虫体がちぎれないように引っ張り出します。これで、痛みはウソのようにスーッと引いていきます。
 やっぱり、秋刀魚は七輪で焼いて食べるのが一番ですね。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。よろしかったら応援よろしくお願いします。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.