風邪シリーズ(7) 総合感冒薬

塩野義製薬HPより「ピーエル」の名前でお馴染みの総合感冒薬は、医院でよく使われるので、皆さんもご存じかと思います。風邪症状(発熱、鼻水、くしゃみ、のどの痛み、など)を緩和すために4種類の有効成分が入っています。

① サリチル酸系の解熱鎮痛剤
② アセトアミノフェン(安全性の高い解熱鎮痛剤)
③ 抗ヒスタミン剤
④ カフェイン(鎮痛作用)

なお、アスピリン喘息、小児のインフルエンザ、緑内障、前立腺肥大症、などの方は内服しない方が良いでしょう。

これ1つでほとんどの風邪症状を緩和してくれるので、便利な薬です。
何故か「好き嫌い」がハッキリする薬です。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。
よろしかったら応援よろしくお願いします。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.