高血圧シリーズ(2) 「血圧測定」

中野胃腸クリニックで用意している血圧手帳脳卒中の最も大きな原因である高血圧症ですが、日々の診察で度々遭遇します。

血圧を測定した時に、1回目と2回目がずいぶん違う方がいらっしゃいます。待合室に自動血圧計を置いているのですが、3回以上測っても毎回ばらつく方もいらっしゃいます。一体、どの血圧が本当の血圧なのでしょう?

ハッキリと明文化されたものは少ないのですが、高血圧治療ガイドラインでは2回測ったその平均値をその人の血圧とするようになっています。来院してすぐに測ると、どうしても高めに出るので、しばらく安静にして頂いてから測るようにお願いしています。

「自宅での血圧はいつ測ればいいのでしょうか。」これもよく質問を受けます。
理想的には、朝起きて30分ぐらい経った時です。排尿を済ませ、坐った状態で2分程度安静にした後に測ります。朝食の前で、降圧剤をまだ飲んでいない状況が望ましいです。時間の余裕のない方は、兎に角、朝1回測ってみましょう。

就寝前にもう1回測定できれば、なお良いです。

この結果は「血圧手帳」に記録しておいてください。クリニックを受診された時の大事な参考データになります。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。
よろしかったら応援よろしくお願いします。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.