医療の話   痛み止めと胃薬

膝が痛いんですけど。関節痛などで痛み止めを処方してもらった時に、胃を悪くしないように「胃薬」が一緒に処方されることが度々あります。今回は、痛み止めと胃薬の関係についてのお話です。

【痛みとは?】
体が損傷を受けた時、COX(シクロオキシゲナーゼ:酵素)の働きのもと、アラキドン酸からプロスタグランディン(PG)が産生されます。このPGが痛みの元です。痛み止めはPGを抑えることによって痛みを消します。

【痛み止めと胃の関係】
一方、PGは胃粘膜の血流に必要なものなのです。PGを抑えれば、痛みは消えますが、胃粘膜の血流も低下しますので、胃が悪くなるわけです。

痛み止めと胃薬を併用すれば、胃は大丈夫なのでしょうか?
答は「No」です。胃粘膜の血流を増やさなければ、胃は良くなりません。粘膜保護剤や胃酸を押さえても、理論的には、無意味です。

痛み止めを坐薬にすれば、胃は大丈夫でしょう
答は「No」です。坐薬はPGを抑制する成分が直腸から吸収され血液中を回って、胃粘膜の血流を低下させますので、口から飲まなくても、胃に悪影響を及ぼします。

痛み止めから胃を守る薬は無いのでしょうか?
「サイトテック」「カムリード」というPG(E)製剤があります。痛み止めで胃粘膜の血流が低下しているのを回復させてくれます。サイトテックは1日4回内服するのでちょっと面倒です。カムリードは2回です。どちらも、あまり知られていません。

【胃に悪くない痛み止めの開発】
先に述べたCOX2つあることが解っています。
COX-1は生命維持に必要なPGに働く酵素です。COX-2は痛みに関わるPGに働く酵素です。COX-2のみを抑制すれば、胃を痛めることなく、痛みを和らげることが出来るはずです。

現在、COX-2を選択的に阻害する薬には「モービック」と「セレコックス」があります。胃には優しいのですが、痛み止めとしてはイマイチという評価です。

人間の体はなかなか、理論通りにはいきません。難しいですね。

【痛み止めの使い分け】
痛みと長く付き合わなければいけない場合は、COX-2阻害薬をお勧めします。短期間のみ使用する場合や強い痛みの場合は、痛み止めとサイトテックあるいはカムリードの併用をお勧めします。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。よろしかったら応援よろしくお願いします。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.