医療の話  躊躇(ちゅうちょ)と決断

さて、どうするかな。先日、胃カメラを受けて頂いた時の話です。

直径1cm程度の小さなビラン(赤いただれ)を認めました。気になる病変ならば、生検(粘膜を採取すること)すればいいのですが、抗凝固剤を飲まれているため、生検は出来ません。出血が止まらなくなるからです。心筋梗塞後なので、安易に薬を休止するというわけにもいきません。休薬中に冠動脈がつまるかもかもしれないからです。

総合病院で、抗凝固剤の内服を注射に切り替えた後に生検して頂きました。ごく初期の胃がんだったため、内視鏡治療で完治しました。

結果的には、総合病院に紹介して良かったわけですが、確固たる信念があったわけではありません。その小さなびらんは、日頃良く見かけるようなもので、がんを強くイメージさせるものではなかったからです。

どこの病院も大変混み合っています。「ずい分、待たされるだろうなあ。」「胃カメラを2回受けて頂くことになるなあ。」と紹介状を書くことを一瞬躊躇しました。でも、「これはちゃんと生検してもらおう。」と決断させたものは私の『経験』と『責任感』によるものです。

臨床の場における医師の判断は、実に人間的なものなのです。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。よろしかったら応援よろしくお願いします。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.