「腹痛(その8) 虚血性腸炎」

今までに経験したことのないような激しい腹痛と、その後に下血をきたした場合、虚血性腸炎を疑います。たいてい、腹痛は左下腹部あたりです。
日頃から便秘がちの方に多い病気ですが、便秘ではない方にも起こります。特に誘因なく突然発症しまので、「何が起こったのだろう?」「私の体はどうなるの?」と不安で一杯になって来院される方もおられます。S状結腸という肛門から30㎝ぐらい奥に入ったところが好発部位ですので、大腸カメラで観察することで直ぐに診断がつきます。この病気は、腸の安静だけで自然に治ることがほとんどですので、診断がつけば、一安心です。当院では、その場で、大腸カメラをおこない、直ぐに診断するようにしています。
なお、同じ症状でも、病原性大腸菌O-157などによる細菌性腸炎や大腸がんの場合もありますので、自己判断は危険です。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。よろしかったら応援よろしくお願いします。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.