医療に関するお話 「禁煙外来、始めました!」

胃腸クリニックで、どうして、「禁煙外来なの?」

皆さん、不思議に思われるでしょう。胃腸の病気と関係あるの?って。ところがどっこい、これが、大いに関係があるんです!

食道がんという怖い病気。アルコールとタバコの両方をやっている方は、酒もタバコもやらない方のナント「7倍」も食道がんになる確率が高くなるんですよ。食道がんが何故怖い病気か、説明します。内臓は『しょう膜』という固くて丈夫な膜に包まれています。ですから、万が一、がんが出来ても、しょう膜を破って内臓の外に進展していくことはまれです。胃がんなら胃の中だけに収まっているので、胃だけ手術すれば助かります。ところが、食道はこの『しょう膜』がありません!ですから、食道にがんが出来ると、いとも簡単に、他臓器に転移していくのです。食道は大動脈のとなりに平行して走っています。心臓や肺の中を貫いています。とても大事な臓器のすぐ隣にあるのです。食道がんの早期発見に日々注意を払って胃カメラを行っていますが、現状は、「手遅れ」の状態で見つかる方が多いのも事実です。

食道がんにならないための予防=禁酒・禁煙です。それが、当院で「禁煙外来」を始めた理由です。禁煙が保険診療で出来るなんて、日本という国は恵まれていると思いませんか!

中野胃腸クリニック 院長

当院のHP「禁煙外来」をご覧下さい。ココをクリックしてください。

Leave a Reply


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.