Archive for the ‘院長「よもやま話」’ Category

よもやま話(96)   マージャン

水曜日, 9 月 17th, 2014

イーピンの暗刻。年に数回、大学病院時代、同じ職場で働いていた先生方とマージャンをします。私が研修医の頃からのメンバーですので、30年続いています。お互い、随分年をとりました。

昔の雀荘は賑わっていましたが、今は、お客さんが随分少なくなりましたね。パソコンの普及で、自宅で1人でもマージャンは出来ますから。ただし、雀荘でのマージャンというのは、「会話」が楽しめます。先日のマージャンで記憶に残った話をいくつか紹介します。

開業医というと、休みの日はゴルフというイメージがありませんか?(私はゴルフをしませんが) ゴルフ好きだった先輩が、最近はゴルフをしないで、水彩画を描いておられるそうです。ビックリしましたが、うらやましかったです。医師だからといって、いつまでも、健康という保障はありません。「五十肩」にもなるでしょうし、「腰椎ヘルニア」にもなるかもしれません。体力が落ちても、有意義に余暇を過ごせるように準備しておいた方が良さそうです。

何十年もクリニックを続けることは、結構、大変なようです。診療以外に、医師会の活動に積極的に参加したり(まったくのボランテアです)、老健施設を併設して、地域医療に深く貢献したり、それぞれ目指す道は違います。結局、自分がやりたいことをやるのが一番なのでしょうね。あるいは、やりたいことでなければ、続かないのでしょう。

今の自分はどうでしょうか?
余暇にやりたいことは、春スキー、きつくない程度の山登り、料理、ぐらいかな。
診療でやりたいことは、診断能力を上げることと内視鏡検査を極めることです。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。よろしかったら応援よろしくお願いします。

よもやま話(95)   お坊さんに会いました。

水曜日, 9 月 3rd, 2014

髪の毛、ありました。先日、京都に旅行に行った際に、家内の友人にお坊さんを紹介して頂きました。
これまでに、お葬式や法事などでお坊さんの講話を聞くことはありましたが、プライベートでのお話は大変興味深いものでした。お坊さんといっても、まだ30才代で、髪の毛も剃っておられません。私服姿でしたので、外見上は普通の人でした。

①動物の戒名を読み上げる。
ペットのお葬式の話です。お経を読む時に、可愛いペットの名前を読み上げなければいけません決して、笑ってはいけません)。何匹かまとめて、合同の葬儀をする時は、続けてペットの名前を読み上げなければいけないので、結構、大変とのことでした。お坊さんにとっては、ペットの葬式は、いわゆる「下積み生活」と感じました。

②怒りを静める方法
これは、お坊さんに是非、質問してみたかった項目でした。「怒り」の感情がわいてきたなと思ったら、下腹部に「意識」を集中すると良いそうです。ほんのちょっとの間、意識を今ある問題から離れることで、怒りがスーッと消えて、言わなくても良い余計な言葉を発することを回避できるそうです。

違う業種の方とお会いすることは、とても新鮮ですし、興味深い話が聞けますね。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。よろしかったら応援よろしくお願いします。

よもやま話(94) 「贅沢な休日」

木曜日, 1 月 30th, 2014

e382a6e382a3e382bae382b6e382b9e382bfe382a4e383ab先日、結婚式に博多に出かけて、市内のホテルに宿泊しました。

そのホテルは、チェックインの際に説明を聞いた以外は、チェックアウトまでほとんどスタッフの方にお会いすることがありませんでした。ラウンジに行ってもセルフサービスで、好きなように楽しむことが出来ました。ジャグジーバスを利用した際も、更衣室に頼んでおいた水着が用意してあるだけでした。「どうぞ、ご自由に。」というホテルからのメッセージが伝わってきました。

お酒を飲んでも、朝食を食べても、メニューに値段が書いてないのです。すべて、宿泊代に含まれているからです。値段を気にしないで、その時、食べたいものを食べる。値段を見比べて、「どうしようかな。」って考える必要がありません。

もうひとつ、何処にも時計がないのです。ベットサイドすら、置いてないのです(唯一、トイレのウォシュレットのボタンのところに時計を見つけました。トイレって時間を気にする所なのかな?)。滞在途中から「今、何時?」って考えるのをやめました。朝食の時間帯も設定されていません。チェックアウトまでに食べれば良いのです。

他人への気遣い、お金、時間の3つから開放されると、本当にリラックスできるものですね。

ちなみのこのホテルは、チェックイン午後4時、チェックアウト翌日の午後2時なので最大22時間滞在できます。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。よろしかったら応援よろしくお願いします。

よもやま話(93)  サッカー日本代表

木曜日, 10 月 24th, 2013

この感動を、もう一度! ブラジルで開催されるワールドカップにすでに出場を決めているサッカー日本代表ですが、ここのところ良い試合が出来なくて、風当たりが強いですね。ネットでは、「監督交代論」や「戦術変更論」あるいは「パスサッカーの理想を求め過ぎ」など、さまざまな書き込みが見られます。(読まなきゃいいのですが・・・)
コメントしている方は、有名な辛口評論家や、元日本代表(ワールドカップで1勝も出来なかったけど)などなど。

自分たちの力で手に入れたワールドカップの出場権なのだから、自分達の思うようにサッカーすれば良いじゃないですか。新しいメンバーを試さなくたって、予選を勝ち抜いてきたメンバーで本戦も戦いたいという気持ち、わかります。やりたくもない、守り重視のカウンター狙いのサッカーなんてしなくていいです。気持ち良く、自分達の目指すサッカーでワールドカップに挑戦してください。だって、次の4年後の大会に出られる保証はないのですから。応援しています。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。よろしかったら応援よろしくお願いします。

よもやま話(92)  自営業目線

木曜日, 10 月 17th, 2013

元気がいい!開業医というのは、医療を提供する自営業とも言えます。開業して4年経ちましたが、気が付くと、勤務医の頃には感じなかったことを考えるようになりました。

例えば、小さなレストランに入った時、従業員の方のタイミングの良い注文の取り方や忙しい中でも優雅なしぐさ、お客さんからのクレームにも笑顔で応対する様子など、「見習わなきゃ」って思います。厨房でシェフが忙しく働いている姿も、決してイライラしているのではなくて、忙しいことを楽しんでいる雰囲気が伝わってくると、料理を待つのも苦になりません。これも、大いに勉強になります。

雑貨屋さんの商品ではなくて、床の素材が面白いなあと感じたり、ショットバーのエアコンの性能に感心したりします。

以前は、自分が受けるサービスの内容だけを注目していたのですが、今は、ついついサービスを提供する立場に立って考えるようになりました。自営業が身についてきた証拠かもしれません。

掃除が行き届いている、整理整頓してある、調度品に嗜好を凝らす、気持ち良い温度と心地よいBGMの流れる空間をつくる。といった目に見えるサービスも大事ですが、何といっても、そこで働いているスタッフの接客態度や一生懸命さが一番、お客さんの心に響く要素だと思います。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。よろしかったら応援よろしくお願いします。

よもやま話(91)   同窓会

金曜日, 7 月 26th, 2013

大学の同窓会ですけど・・・。先日、大学の同窓会に行ってきました。卒業後30年近くが経っており、懐かしい同級生達と楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

50代半ばの同級生達には落ち着きを感じました。開業している者が多かったのですが、勤務医の同級生も管理職が多く、第一線を退いている印象でした。

1人1分程度、参加者全員で、近況報告をしました。印象に残った人物を2人披露しましょう。
【その1 60代の内科医】
海上自衛隊を辞めて入学したので、同級生より一回り年上です。現在も勤務医を続けています。「昨日(日曜日)も当直で7台の救急車に対応しました。」と話した時、会場から拍手喝さいを浴びました。皆、当直の辛さが分っているだけに、60代でも頑張っている姿に感服しました。

【その2 50代の産婦人科医】
開業して10数年、そろそろ、後継者のことが気になるようです。「娘の結婚相手を探しています。」という趣旨の話で会場の笑いを取っていました。奥さんに必ずこの話をするように釘を刺されていたそうです。

私は「同期では最後の開業です。」といった話をしました。会場がざわついている間にサクッと済ませるつもりでしたが、話し始めると急に会場がシーンとなり、面白いエピソードを用意していなかったことを後悔しました。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。よろしかったら応援よろしくお願いします。

よもやま話(90)  GW(ゴールデンウイーク)

月曜日, 5 月 6th, 2013

GW 楽しかったネ。今年のGWも今日(5/6)が最終日となりましたが、皆様は如何お過ごしでしたか?

私は暦通りにゆっくり過ごせました。大学時代からの友達に会い、「湯布院の森号」で温泉に行きました。ツルツルにすり減っていた車のタイヤを新調して、クリニックの駐車場の雑草を引いいてさっぱりしました。
何といっても、「今日は、これをやろう。」と思ったことが、予定通りに出来ることの幸せをしみじみと感じて過ごすことが出来ました。

勤務医だとこうはいきません。連休中に一度や二度は当直が当たるでしょうし、もし運良く当直を免れたとしても、入院患者さんのことで病院からの連絡がはいるでしょう。病院に出向くこともあるでしょう。大抵の勤務医の先生方は、連休中でも毎朝、病棟回診に行かれていることと思います。お疲れ様です。

日本に早く「チーム医療」が浸透することを切に願います。「完全主治医制」では、入院患者さんを受け持っている限り、身動きがとれないのです。渋滞に巻き込まれるかもしれない高速道路に乗ることはもちろん、隣町ですら出かけることを躊躇(ちゅうちょ)します。出先で病院からの急な呼び出しがあっても、直ぐに駈けつけられないからです。

以前、病院の宿舎が隣同士の循環器内科の先生を誘って、家族でキャンプに出掛けたことがありました。しかし、救急入院があったため、その先生一家は出発が遅くなり、キャンプ地に到着したのはもう夜でした。車のライトを頼りにテントを設営するのは大変でした。何とか、遅い夕食をとることが出来ました。翌朝、病院に帰られなければいけなくなり、朝ご飯もそこそこにテントをたたんで先に帰られました。お誘いしたのが、かえって悪かったような気分でした。

診療科内でのチーム医療の体制に留まらず、病院間での地域医療の体制が整えば、勤務医の先生方も、もう少し休暇が楽しめるようになると思います。自分が休暇を取っても、安心して任せられる留守番の医師がいてくれるからです。患者さんにとっても、自分のことを良く分ってくれている担当医が何人もいる方が、何時でも同じレベルの医療を受けることが出来るのです。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。
よろしかったら応援よろしくお願いします。

よもやま話(89)   ヤンキースのイチロー選手

日曜日, 10 月 7th, 2012

今年、メジャーリーグのシーズン途中で、イチロー選手がマリナーズからヤンキースに移籍しました。弱小球団のマリナーズが若手を育てる方針に切り替えたため、ベテランの自分がかえって邪魔になっていると感じたから移籍を決意したとのことです(ネット情報)。

ヤンキースに移籍した当初は、あまり、応援する気になれなかったのですが、最近の活躍ぶりを見ていると、ヤンキースに移って良かったなあと思います。それに、何といっても、ポストシーズン(リーグ優勝戦、ワールドチャンピオンシリーズ)の見逃せない試合がいっぱい予定されます。今からワクワクドキドキです。

打席に向かう時、ジーター選手にヘルメットの上から頭を「ポンッ」と叩かれ、「頑張ってこいよ。」みたいな感じで送りだされる姿を見ると、マリナーズ時代の孤独な姿とは大違いです。事実、シアトルに野球を観に行った時、地元の新聞のコラムにも『イチローはチームの勝ち負けよりも200本安打を優先している。』みたいな批判的な記事を目にしました。

イチロー選手も「200本安打」の呪縛から解き放たれ、残された現役生活を、心から野球を楽しんで活躍して欲しいものです。応援しています。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。
よろしかったら応援よろしくお願いします。

よもやま話(88) 「いまさらですが、庭師さんに感謝です。」

金曜日, 9 月 21st, 2012

先日、庭師さんに来て頂きました。薪を積み上げる小屋の草屋根に水が行かなくなったのでみてもらいました。単に、水圧不足だったようで、水道の栓をしっかり開ければ、草屋根に水が運ばれました。これで、草屋根の芝生も息を吹き返すことでしょう。
駐車場の周囲の芝生の中に自動散水用のパイプが埋め込んであるのですが、2箇所、鋭利な物で傷が付いており、そこから水が漏れていました。おそらく(確実に)芝刈りをした私が犯人でしょう。庭師さんは、私を責めることなく、芝をまくり上げて、パイプを修繕してくださいました。これで、芝生の隅々まで水が行き渡ることでしょう。
これからは、芝刈りの時は気をつけます。

診察室から箱庭を通して外を見ることが出来ます。雨が降ったり、雪が舞ったり、箱庭の変化と共に季節を感じます。診察の合間の気分転換に最適です。待合室の窓越しに外からの目線を切るために木が植えてあります。どれも細い木で、かつ、葉っぱが小さいのです。ですから、風が吹くと、涼しそうに良く揺れます。ロールカーテンを下ろすと、その揺れる木々の影がさらに涼しげに映し出されます。良く計算されているなあと感心します。

 

 

レストルームには、足元だけの窓越しに緑が目に入ります。ここは、安楽イスに座って点滴を受けたり、大腸カメラの後、一休みする場所です。きっと、植物が患者さんの気分を和らげてくれていると思います。
正直なところ、クリニックの設計の段階では、僕の中では植栽のことはあまり重要事項ではありませんでした。しかし、今では、クリニックを取り囲む木々や草花が、患者さんやスタッフ、そして私自身の大きな癒しになっています。
ひとつだけ気がかりなのは、シンボルツリーである「イチョウ(⇒胃腸)の木」が3年経っても元気がないことです。しっかり根をはってくれることを願っています。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。
よろしかったら応援よろしくお願いします。

よもやま話(87) 「めぐりあわせ」

火曜日, 8 月 28th, 2012

クリニックのお隣さんに不幸事がありました。お通夜、お葬式の時にクリニックの駐車場を使いたいとの申し出があったため、快諾しました。
お通夜に伺った時、受付の葬儀屋の方がクリニックを受診されたことのある方で、びっくりしました。
後日、その葬儀屋の社長さんが大腸カメラを受けるために当院を受診されました。お通夜で受付をしていた社員さんから当院を勧められたとのこと。

駐車場をお貸しする時には「お隣さんだから、当然のこと」と思ってしたことですが、こうやってめぐり合わせがあるものだな。と感じました。

人気ブログランキングへ当院を広く知っていただきたいと思い、ブログランキングに参加することにしました。左のバナーをクリックすると票が入り、ランキングがあがる仕組みです。
よろしかったら応援よろしくお願いします。


Social Widgets powered by AB-WebLog.com.